保育園の経営コストを削減するコツ!助成金を利用しよう

柔道整復師の成功サポート

中年男性

骨折や脱臼といった怪我の治療を行う場所として、病院の整形外科の他に柔道整復師の行う整骨院が挙げられます。医療行為によらない手技だけで安価な保険治療が受けられる整骨院には根強い人気があります。開業に当たっては面倒な届出や資金調達・保険請求のコツまで、整骨院コンサルタントがノウハウを伝授してくれます。

もっと見る

加盟するメリット

スーツの人

不動産フランチャイズに加盟するメリットとして、ブランド力が高いことと研修制度が充実していることがあげられます。ブランド力が高くても評判が悪かったり、研修制度が充実していないと加盟後に苦労することになります。

もっと見る

生産性が低い事業

子供とレディ

需要はあるが供給がない

保育園ビジネスは非常に需要があるビジネスになります。社会問題にもなっている経緯からするとビジネスを成功させるチャンスでもあります。しかし保育園はあまりもうからないビジネスでもあるのです。その一つの理由は土地生産性の問題です。保育園は郊外にあっても意味がありません。大都市のしかも都市部に位置しているこそ需要が高いのです。しかし大都市の都市部の土地が価格が高く資金が必要になります。そして子供三人に一人の割合で保育士を設置する必要があります。つまり人件費コストがかかるのです。そのため高い保育料にすることになりますが、当然価格が高いといくら需要が高くても顧客が入りにくくなるのです。その結果生産性が低くなり、儲かりにくくなるのです。

儲からないビジネス

保育園の経営を行う上で非常に重要なのが、認可による国の助成金です。助成金があるとないのでは経営に大きな差が出ます。認可保育園はその基準を満たす必要があります。しかし建設費や保育士の問題などによって認可をとることは難しく無認可の経営が一般的な方法となります。しかし無認可では国からの助成金をあてにできなくなるため、補助金を頼りにすることはできなく、結果経営が困難になるのです。やってももうからないビジネスは民間企業は参入しません。そのため保育所の需要は高くてもその供給量は高くならないのです。政府など国の機関が改めて認可制度の改定などに動き出すことによって改善させることは期待できますが、現在のところ経営は困難になっています。

おすすめサイト

  • 保育経営を助けるFC・コンサルまとめ

    保育園の経営をサポートしてくれる業者があります。経営に不安があるなら、心強い存在を探してみることも悪くありません。

行なう時の注意点

歯科医

歯科の内覧会をするのであれば、専門の業者に任せておく方が、トラブルが少なくてすみます。選ぶ際には、経験豊富なところが望ましいですし、内覧会業者のスタッフに、歯科の知識があるのかを確認しておくと良いでしょう。

もっと見る