柔道整復師の成功サポート|保育園の経営コストを削減するコツ!助成金を利用しよう

保育園の経営コストを削減するコツ!助成金を利用しよう

柔道整復師の成功サポート

中年男性

届出から資金調達まで支援

骨折や脱臼・打撲といった怪我を負ってしまった場合、治療を受ける場所として挙げられるのは病院の整形外科の他に整骨院があります。整骨院は接骨院・ほねつぎとも呼ばれており、国家資格の柔道整復師が日本独自の手技による治療を行う施術所です。柔道整復は医療行為でないためメスを使うような手術はできず、レントゲンなどの検査機器や薬なども使われませんが、伝統手技による高い治療効果を発揮しています。骨折や脱臼・捻挫・打撲などの怪我を柔道整復によって治療する際の健康保険適用も認められており、利用者は安い自己負担金で治療が受けられるのです。そうした怪我の多い高齢者やスポーツ選手の間では、優れた技量を持つ柔道整復師が根強い人気を呼んでいます。柔道整復師の資格を取得するには、国の指定する専門学校や養成施設で3年以上の専門教育を受けることが必要です。その上で解剖学や生理学などの試験科目からなる国家試験に合格した人のみが整骨院を開業できるのです。開業に当たっては整骨院専門のコンサルタントを利用する人が少なくありません。開業を支援してくれるコンサルタントは、煩雑な開業手続きから資金の調達までを幅広くサポートしています。

保険請求のポイント

整骨院の経営を軌道に乗せて安定収入を確保していくためには、集客と同時にスムーズな保険請求も重要です。施術を受ける人の自己負担金は低額なため、それだけでは十分な収入に結びつきません。施術が保険治療として認められることで安定した収入も得られるのですが、その支給基準が必ずしも明確でないため経験の浅い柔道整復師の多くが悩まされているのです。整骨院コンサルタントを利用することによって、こうした保険請求に関するノウハウも得られます。実際の保険請求業務は柔道整復師会に加入して代行してもらう方法と、自分で請求する方法の2種類があります。前者は一定の会費もかかりますが、レセプト提出による面倒な保険請求業務を代行してもらえる点で大きな負担軽減が期待できます。コンサルタントを通して良い柔道整復師会を紹介してもらうことも可能なため、整骨院経営にプラスの側面が大きいのです。この他にも施術サービス向上や効果的な宣伝方法など、集客に結びつく多くのノウハウを整骨院コンサルタントは持っています。柔道整復師として成功するにはスタートが肝心ですが、繁盛している整骨院のバックにはこうしたコンサルタントの存在があるのです。